« ほんの一時 | トップページ | 定形句 »

 
 
 
「もう、コイツで良しとしましょうよ」
襖の向こうから声が聞こえてくる。どうやら僕について話している。僕は天井と襖を交互に眺めながら待っていた。

襖が開いた。
出てきた数人の男女は皆、満面の笑みを浮かべて、こっちを見ていた。
 
 
 


« ほんの一時 | トップページ | 定形句 »