« 骨の記憶 | トップページ | 確認する »

洗面器

 
 
 
丸一日外を歩き回っては立ち止まり、そうやって夕食のことばかり考えている。
何をつくろうか? 幸せなのか? 幸せなのだ。

それから何時間経ったんだろう。

コンクリートの部屋。冬だから室内でも寒い。上着を着て耳を澄ます。聞こえてくるパーカッションの音は洗面器を叩く音に似ていた。
 
 
 


« 骨の記憶 | トップページ | 確認する »