« 霧 | トップページ | 骨の記憶 »

 
 
 
合成物が差し込まれ、その違和感を切っ掛けにして少し自失する。

そのわずかな自失の穴埋めをするために、皮膚が毛穴を開ける。染み込むのは音だ。そうやって学ぶ。
 
 
 


« 霧 | トップページ | 骨の記憶 »