« 夜であれ昼であれ | トップページ | ビーズ »

完全に失敗するために

 
 
 
ミスさせて欲しい。
自分ひとりでは、ミスがミスにならないから。どうしても「ミスではない」と誤魔化してしまうから。ミスをミスだと認定できるのは、他者だけだ。
けれどミスを全て拾い上げてくれる親切な他者なんて存在しない。だから一部の人々はコントローラーを握る。そうして光る画面を見つめながら、頭と指で、出来るだけ上手に踊り続ける。

あれは全て、ミスするための作業なのだ。
 
 
 


« 夜であれ昼であれ | トップページ | ビーズ »